アマチュア作家として小説投稿サイトで活動してよかったこと4つ

自己紹介

小説を読むのが好きだけど、こんな話ないかな~
と思っている方、
思い切って自分で書いてみるというのはいかがですか?

私が数年前、小説を書きはじめたきっかけは
「こんな音楽恋愛小説があったらいいのに!」
→「ないなら自分で読みたい話を書いちゃえ!」
というものでした。

書いてよかった!!!

そして、書くなら一刻も早いほうがいい!!

インターネットの小説投稿サイトがたくさんありますので
アマチュア作家デビューは簡単にできます。

「自分でもできるかな……」
「書いてみたいけど公開するの恥ずかしい!」
と迷っている方の背中を押すべく、
私が「書いて、投稿してよかった!」と思う4つの実感をご紹介します!

人生に意味を見いだせた

小説投稿サイトだと、読者様からコメントをいただけることがあります。

自分が生み出したものを、誰かが喜んでくれる。
読んだ方が感想を書き込んでくださったり、ファン登録してくださったりする。

ものすごくうれしくて、ありがたいです!!!

「生きてる意味があった!」と自己肯定できました。

作家仲間ができた

読者様との交流だけでなく、同じ作家さんとコメント欄やTwitter上で交流することもできます。

独自の世界を展開しているアマチュア作家さんはたくさんいらっしゃいますが
その中でも自分と感性が合う作家さんと(ネット上とはいえ)知り合いになれて交流できるというのは、
頑張って書いて投稿した報酬として、この上ないものだと感じます。

プロの小説家のすごさが感じられた

・本にすることができるだけの大量の語句を積み重ねて文章にしていくこと
・最後までストーリー展開させていくこと
・それを何度も繰り返していく精神力

自分でやってみるとそのすごさが実感できました。 

しかもプロとなると商業的価値とのすり合わせもあるんでしょう。

面白い小説を書き続けていらっしゃるプロ作家さん、本当、尊敬します。

題材について詳しくなれた

私の場合はオーケストラやヴァイオリン、クラシックを題材にすることが多かったので、
・楽譜を買って読んだり
・曲を表現するために聴きこんだり
・関連本を読んだり
・コンサートに行ったり
など、趣味とはまた違う勉強をしました。

これがすごくためになりました!
音楽をより深く味わうことができるようになりました。

アマチュア作家デビュー、応援しています!

もちろん、不安な気持ちもありますよね。
アドバイスというか、応援させていただきます!

「小説を書いて発表するとか恥ずかしい……」

→わかります!! が、読者様に反応していただけると、めっちゃ嬉しいですよ!

「もういい年だし……」

→何歳でも恥ずかしがることはありません!私が活動している小説サイトBerry’s Cafe(ベリーズカフェ)の作家メニューでは読んでくださった方の平均年齢が表示されるのですが、思っていたより高くて安心しました。

年齢を重ねていくと、体力が衰えてきます……、
感性も鈍ってくるかもしれません……、
今が一番若い時です!
書きたいものがあるなら、ぜひ早めに書いちゃいましょう!

「書きたいテーマがマイナーで受け入れられなさそう……」

→アマチュア小説ですから、マイナーなテーマ万歳ですよ!
周りに共感してくれる人がいなくても、広いネット上なら仲間が見つかるかもしれません。
人数は少なくても熱いファンが集まるかもしれません。
何ならそのテーマに興味がなくても、あなたの小説がきっかけで興味を持ってくれる人が現れるかもしれません!

「パソコンがない……」

スマホだけでいけます!
私もスマホのメモアプリで書いて、スマホから投稿してました。

 

アマチュアならではの個性豊かな小説が生まれますように、

応援しています!

  

私の作品一覧はこちらから

私が活動している小説サイトBerry’s Cafe(ベリーズカフェ)トップはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました